エアブラシのメンテナンス方法

エアブラシはプラモデル工具の中でも高価な工具です。
そのため長く大事に使いたいですよね。
今回はエアブラシのメンテナンス方法をお伝えします。

まず、間違えがちなメンテナンス方法です。
<過保護なメンテナンス>
エアブラシを使用したあと、おそらく多くの方が毎回ニードルキャップ、ノズルキャップ、ニードルを外し、ノズルレンチを使ってノズルも外して洗浄しているわけだから、次に白を吹いた時念入りに洗浄しておきたいと思います。
ただ、ニードルやノズルは非常に繊細にできていることに加えて破損してしまうと一発でダメになってしまう最大の弱点があります。
分解すればそれだけ破損するリスクが高まります。
また、機種によってはノズルの締め付け具合がデリケートで一度分解したらなかなか元に通りに吹けくなったり、メンテナンス後の組み立てでノズルを締め付けすぎてちぎってしまったりするトラブルなども多く、メーカーとしてもいたずらに分解することをオススメしていません。
それでも分解したい…という人は自己責任で慎重に行ってください。
くれぐれもニードルの先端で指をささないように注意しましょう。

<基本的なエアブラシのメンテナンス方法>
1.塗装を終えたエアブラシの塗料カップにうすめ液かツールウォッシュを注ぎます。

2.注いだうすめ液に反応してカップに残った塗料が浮いてきます。

3.ニードルキャップの先端を指で押さえて密閉し、ボタンを押して引くと空気が逆流してうがい状態になります。
※先端を強く抑えすぎてニードルの先端を曲げないように注意してください。
※ノズルキャップを緩めてうがいすをする方法もありますが、全機種が出来るわけではありません。
ニードルキャップがクラウンや穴あきタイプで指で密閉できないものはサイズのあったマジックペンのキャップなどでもううがいができます。

4.うがいが終わったらティッシュなどでカップ内の汚れたうすめ液かツールウォッシュを吸い取り拭いていきます。

5.最後に底に残ったうすめ液をティッシュに吹き出します。
この一連の流れを洗浄に使ったうすめ液かツールウォッシュが透明になるまで繰り返します。
※うがいだけではカップの底の汚れまで取れなかったりする場合があります。
棟に先端側に塗料が溜まっていたりするのでうすめ液を入れて歯間ブラシなどで落とすとよいでしょう。

6.ニードルキャップについたとりょうをうすめ液を含ませた筆で優しく塗料を落とします。

7.ニードルキャップをはずしてうすめ液を含ませた綿棒で拭き取ります。
※この時本体はニードルキャップがはずれている危険な状態なので本体のニードルの先端には気を付けましょう。

8.ニードルを拭き取って洗浄する。
※ニードルを曲げないよう細心の注意を払って真っすぐ抜き取りましょう。

9.ニードルをうすめ液を含ませたティッシュで拭います。
※拭う時は後ろから先端に向かって一方向に向かって拭います。
逆方向だったり往復で拭くとニードルを手に刺す危険があるので注意してください。

10.ニードルが曲がっていないかチェックします。
※ティッシュにニードルを擦らせて引っかかる感じがあったら曲がっている可能性があります。

11.ニードルを戻します。
※先端に気を付けながら水平に差し込み、ニードルの後ろを押し込む際はニードルが指の肉に埋まるけど骨に当たらないくらいの力加減で差し込んでください。
力任せに差し込みすぎるとノズルの先端が広がって塗装できなくなってしまいます。

これでエアブラシの洗浄は完了です。
想像以上に分解洗浄をしないと驚かれる方も多いかもしれませんが、この洗浄方法でトラブルはまず起こりません。
あわよくばニードルも抜かなくても大丈夫です。

<エアブラシのトラブルチェック方法>
塗装における違和感や不具合をチェックする方法の一つを紹介します。
1.銀のトレーを用意します。

2.エアブラシの塗料カップにうすめ液を少し注ぎます。

3.エアブラシのボタンを押し込んで銀のトレーに向かって空気をだけを当てます。
※エアブラシが正常なら空気だけがトレーに当たります。

4.押しただけでうすめ液の飛沫がでるようであればニードルかノズルが破損しいる可能性があるので修理に出してください。
※銀のトレーを用意したのはこの現象が視認しやすいためです。
銀色の塗料皿でも代用可能です。

しかし、異常があった場合には自分でなんとかしようとせずメーカーに問い合わせてみましょう。

Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です