鉄血のオルフェンズ ガエリオ・ボードウィン

セカンドシーズンも見終わり、一通り鉄血のオルフェンズの中で一番好きだなぁって感じたキャラクター。
それガエリオでした。

なので今回はこのガエリオ・ボードウィンについて調べてみました。

ガエリオは松風雅也さんが演じられました。
マクギリスの護衛で火星に派遣された特務三佐で乗機は紫のシュヴァルベでした。
後に先祖が搭乗したガンダム・キマリスに乗り換えます。
セブンスターズの武を司るボードウィン家の嫡男でマクギリスやカルタとは幼少のころからの友人です。
育ちの良さに起因する正義感の持ち主で、マクギリスと共にギャラルホルンの改革を目指します。
火星の桜農園でクッキーとクラッカーを車で轢きかけてしまい三日月に絞殺され掛けます。
それから三日月に対して敵意を持ちます。
それからは何度か鉄華団と戦い、ファーストシーズンの終盤ではマクギリスに裏切られ討たれます。
しかし、重症を負いながらもラスタルの下で仮面で顔を隠しヴィダールとして活動しながらマクギリスの真意を見極めるようとします。
マクギリスがガンダム・バエルの前に現れたことで彼が改革を建前に純粋な力だけを求めていると見定め、仮面を外して対立します。
激戦の末、マクギリスに勝利。
その後、歩行補助も兼ねていた阿頼耶識typeEを自ら除去したことで車いす生活となり、ギャラルホルンの施設で療養しました。

ちなみに、ガエリオが仮面を被りヴィダールと名乗っていましたが、ヴィダールとは北欧神話にある神の一柱でヴィーザルという名前で通っています。
ヴィーザルは世界の終末の日ラグナロクにおいて生き残り、新しい世界を見守る神でした。
なので正にマクギリスの真意を見守ると言った意味でこの名前を使ったのかもしれませんね。
そして、組織名のギャラルホルンも北欧神話に出てくる角笛のことでラグナロクの到来を告げるための道具です。
この作品はガンダムは悪魔の名前、MAは天使の名前、組織名や借りの名前には北欧神話からちなんで名づけられているので調べてみると奥が深いと思います。

Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です