機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ1~3話を見て

今回は鉄血のオルフェンズについて見ていこうと思います。

鉄血のオルフェンズは2015年10月から始まったガンダムシリーズで今までの宇宙世紀とは別世界を描いているのでガンダムの知識を持たない人でも楽しめるように作られた作品です。

オルフェンズは英語で「孤児」を意味しています。
その為、この作品に登場して戦う少年たちは孤児であり辛い経験を持って育ってきた過去があります。
今までのガンダム作品とは異なったシビアな作風の印象を受けます。
ストーリーのテーマとしては「ドラマ性の強い少年たちの物語としての新世代ガンダム」「段階的に進化するガンダム」としていて日本からアジア圏の10代から20代のファンに向けたストーリー構成で作られているようです。

主人公の印象もかなり淡泊な感じで、今までのガンダムシリーズの主人公たちとは違い生死に関して躊躇いはありません。
しかし、作中に孤児の頃の描写を織り込んできているのであのキャラクター性もなんとなく理解できる感じです。
一番近い歴代主人公だと性格はおそらくヒイロ・ユイが一番近い感じを受けます。

オルフェンズに関してはまだ見ていない作品なので深くはまだ話せませんが一通り見たあとでもう少し詳しく話していこうと思います。

Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です