Photoshop#64 イメージ。

今回はイメージについて解説します。

イメージには

モード

色調補正

自動トーン補正

自動コントラスト

自動カラー補正

画像解像度

カンバスサイズ

動画の回転

切り抜き

トリミング

すべての領域を表示

複製

画像操作

演算

変数

データセットを適用

トラッピング

解析

こんなにもたくさんの事ができます。

モードに格納されているのを見ても

モノクロ

グレースケール

ダブルトーン

インデックスカラー

RGBカラー

CMYKカラー

Labカラー

マルチチャンネル

8bit/チャンネル

16bit/チャンネル

32bit/チャンネル

カラーテーブル

これだけの画像の変化を付ける事ができます。

そして色調補正は

明るさ・コントラスト

レベル補正

トーンカーブ

露光量

自然な彩度

色相・彩度

カラーバランス

白黒

レンズフィルター

チャンネルミキサー

カラールックアップ

階調の反転

ポスタリゼーション

2階調化

グラデーションマップ

特定色域の選択

シャドウ・ハイライト

HDRトーン

彩度を下げる

カラーの適用

色の置き換え

平均化(イコライズ)

かなり豊富な表現ができる事がわかる。

画像解像度の変化やカンバスサイズを変更することサイズ調整もできて

画像の回転には格納されている機能がある。

180°

90°(時計回り)

90°(反時計周り)

角度入力

カンバスを左右を反転

カンバスの上下を反転

こんな感じでよく使う回転が用意されている

そして、切り抜きは選択範囲で囲んだときにできる機能で切り抜くだけだ。

ここでトリミングだが、一番使う機能だと思われる。画像を切り抜いたあとに画像野サイズを任意に変更できてとても便利な機能です。

すべての領域を表示はなんだかよくわからない。

複製は別タブでファイルを複製することが出いるのでバックアップを取るときに便利である。

画像操作はレイヤー合成のような機能である。

演算は2つの画像を組み合わせることのできる機能のようだ。

変数は何かを決めることができる。

解析はいろいろと調べる事ができる。

内容としては

計測スケールを設定

計測項目を選択

計測値を記録

ものさしツール

カウントツール

スケールマーカーを選択

これらのいろいろな機能を持っている。今後詳しくやっていくことにします。

次回もお楽しみください。

Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です