Photoshop#63 編集。

今回は編集について見ていきます。編集もかなりの数の機能があります。それが

前回のアクションに戻す

これは一つ前の行動に戻ってくれるやり直しツールです。よく使います。

やり直し、キャッシュが許す限りずっと前のアクションに戻す事ができます。

そして、最後の状態を切り替えは戻りきったときに戻す前の状態にすることです。

次にフェードはフェードします。

カットは選択範囲で囲んだ箇所を切り取る事ができます。

コピーは選択範囲で囲った箇所をコピーします。

統合部分をコピーはそこをコピーします。

ペーストはコピーした情報を貼り付けます。

特殊ペーストは特殊なペーストができます。

消去はコピーした情報を消去できます。

検索は何か調べたいことを検索することができます。

スペルチェックは文章をチェックできます。

検索と置換はそれができます。

塗りつぶしは画像にあるレイヤーを全体的に塗りつぶしたりできます。これを選択するメリットはレイヤーの際まで塗り残しなしで塗りつぶすことができるので安全な塗りつぶしをする事ができます。

境界線を描く。これは選択範囲を作ったときにその境界線に線を入れるときに使います。

コンテンツに応じた塗りつぶしは写真加工で効果を発揮します。特にシワやほくろシミと言った不要な物を回りの色合いと馴染ませてまったくわからない状態にまで持って行くことのできる機能です。

コンテンツに応じた拡大・縮小はコンテンツの情報を本に自然な拡大縮小をするための機能です。

パペットツールは任意の画像にパペットと呼ばれる線をが入りますそして、写真のポーズや形を変化させる事ができるので上手く使えばいままで見たことがない物を作り上げる事ができます。

遠近法ワープは遠近法を使ったワープで壁に絵を乗せるときに使ったり、パッケージの表紙を作るときに使うととても便利な機能になっています。

パスの自由変形はパスにバンディングボックスが表示されてそこから自由に変形させる事ができます。

パスの変形はパスを面白い形に変形するための選択肢がたくさん出てきます。そこから数値を変えるだけで面白い形に変更できて面白い機能です。

レイヤーを自動整列はレイヤーを自動で整列してくれます。

レイヤーを自動合成は合成してくれます。

ブラシを定義は写真などをブラシとして使うことができる驚きの機能です。

パターンを定義は写真などをパターンとして加える事ができるものです、氷などのパターンを作っておくとおもしろいです。

カスタムシェイプを定義はカスタムシェイプを自分で作る事ができる機能です。初期設定ではなかなかいいのがないときに自分で数学を使ってかっこいい図形を登録しておくととてもおもしろい物を作る事ができます。

メモリのクリアはヒストリーでメモリに登録されているキャッシュをクリアする事ができます。Photoshopの動きが重いと思ったときに使うといいと思います。

Adobe PDFプリセットはプリセットを出すことができます。

プリセットはあらゆるツールのプリセットが選べます。

リモート接続はリモートで接続できます。

カラー設定は色を設定できます。

プロファイルの指定は印刷物用やPC用に画像を変更することができます。

プロファイル変換は現在のプロファイルを任意のプロファイルに変更することができます。

キーボードショートカットはよく使うツールをショートカットとして定義できます。

メニューはそれを呼び出せます。

ツールバーは変更できます。

音声入力を開始は音声で指示することができます。

編集は以上になります。

次回もお楽しみください。

Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です