Photoshop#58 ペンツール。

これはPhotoshopで写真の合成や切り抜き、特殊加工でよく用いるツールです。これを使いこなすのは少し練習がいりますが、要点を覚えるととても使いやすいツールになります。これにはベジェ曲線と呼ばれる計算によって作られる線が用いられています。そのため鉛筆の様に感覚的に線を引くと言うのは難しいですが、ゲームをしている様に特性を意識して描いて行くと面白くて便利な機能になります。Shiftを押しながらペンツールを引くと直線を引く事ができます。初めての人はどうするれば直線を引くことができるのか躓いてしまうかもしれません。最初は単純にクリックして次にどこかをクリックすると直線を引くことができますが、次に引く線を曲線にするとこの設定が外れてしましそこから直線が引けなくなって島します。この問題点を解決する方法としてShiftを押しながら引くと言った方法があります。

そして、command(Ctrl)を押しながらドラッグするとダイレクト選択ツールになるのでいちいちダイレクト選択ツールに持ち直す手間を省く事ができます。ちなみにcommand(Ctrl)を押したときの使い方ですが、まず、パスから離れて画像ウィンドウ内にクリックすると今まで作成していたパスを選択していましたが、それを外す事ができます。そして、Enterを押すとパスを選択範囲に変換することができます。これを使うと切り抜きが一気に楽になります。

そして、option(Alt)を押しながらパスの曲線にハンドルができますがそこをドラッグするとパスの曲がり具合を変更できます。そしてアンカーポイントをクリックするとハンドルは消えてアンカーポイントは直角位ナタリします。

使い方次第ではかなり面白いことのできるペンツールです。使って遊んで覚えてみてください。今回はここまでにします。

次回もお楽しみください。

Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です