Photoshop#52 ブラシツール ブラシピッカー、ブラシ設定パネル。

鉛筆ツールは正直に言うとあまり用途の薄いツールになります、鉛筆のような書き心地を実現しているツールではありますが、イラストの下書きや鉛筆画などを作るときに使う程度で実用性は低いです。むしろブラシツールのみで作ったり、パスツールを使ってアイコンのようなパッキリとしたデザインを作る方が主流です。

鉛筆ツールの情報はあまりないので続けて他のブラシツールも紹介します。それが色の置き換えツールです。これはブラシングしたところを任意の色合いに置き換えてくれます。つまりグラデーションツールを使わなくても写真そのものの色合いを不可思議な色合いにしてみると言った面白い使い方ができます。正直なところ私はあまり使いません。基本的には調整レイヤーとレイヤーマスクの組み合わせで色合いを表現します。しかし、ファイルサイズを減らす意味合いがあるのならこのツールも有用性はあるかもしれません。

鉛筆ツールに関してはかなり細かな線を描く事ができるのでこれを利用すると糸をまとったような表現ができます。いろいろなストーリーを考えると面白いかもしれません。

そして、色の置き換えツールに関してはグレーのサフを吹いている被写体と相性がいいかもしれません。グレースケールを用いたグリザイユ画法が使えるので色の付け方を自然に仕上げる事ができます。

Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です