Photoshop#44 その他シェイプツール。

基本的には長方形と楕円形のこの2種類を使いますが、これ以外にも便利なシェイプツールは存在します。それが

  • 多角形ツール
  • ラインツール
  • カスタムシェイプツール

です。
まずは多角形ツールから解説していきます。多角形ツールは変が3つ以上100以下の角を持つ図形を作ることのできるツールです。オプションバーは長方形と楕円形とほとんど同じですが、ここに「角数:」というバロメーターが追加されているのでお好みの角数にすると面白いかもしれません。
角数だけでなくパスオプションを開くと長方形と楕円形と内容が異なります。
ここではパスの太さ、カラー、この2つまでは一緒ですが、下に

  • 「半径:」
  • コーナーを滑らかに
  • 星形
  • 「辺のくぼみ:」
  • くぼみを滑らかに

これらの内容が違います。
そして、「半径:」ですがこれは
中心点から外部点までの距離を表しています。つまり、クリックしたポイントを中心点として外部点までの距離を指定するので画像ウィンドウをドラッグするとこの指定した半径と同じシェイプしか作る事ができなくなるので注意しましょう。もし「半径:」の値を設定してしまうと通常のドラッグをして自由な大きさで作る事ができなくなってしまうデメリットがあります。
そんなときは「半径:」の入力欄を選択して表記している数字を消すとまた画像ウィンドウをドラッグしただけで自由な大きさで描く事ができます。
次に「コーナーを滑らかに」のチェックボックスです。これをすると図形の角が最大値の滑らかさになり例えば5角形を作ると角が丸まって5つの角が盛り上がった円を作る事ができます。野菜の断面図のイラストなどに使えたりするのでとても便利です。

次は「星形」です。
このチェックボックスにチェックを入れるといままでグレーになっていて使えなかった

「辺のくぼみ:」、「くぼみを滑らかに」

を使う事ができます。

星形の図形を簡単に作り出す事ができます。ここの数値を小さくすればくぼみは小さくなって元の図形に近づき、大きくするとくぼみがすぼめられた形になるので面白い表現ができると思います。
そして、「くぼみを滑らかに」のチェックボックスにチェックを入れるとくぼみの角が滑らかになってポップな感じにする事ができます。
使い方次第でとてもおもしろいデザインが作れそうなツールかと思います。

次はラインツールです。
これは直線を引く為のツールになります。しかし、これはパスツールでも同じ事ができたりするのであまり活用することは有りません。しかし、すぐにビットマップ画像の線を作りたいと言ったときに活用できるかもしれません。
では、パスオプションを見ていきましょう。太さとカラーは同じですが、下に「矢印」と言う項目があります。ここでラインツールに矢印を追加する事ができます。変更できるのは

  • 開始点
  • 終了点
  • 長さ
  • へこみ具合

になります。
開始点と終了点はラインの端と端のことを言います。ラインの端矢印を付けるかどうかを決めるチェックボックスです。次に「幅」と「長さ」ですがこれは矢印の幅と高さになります。初期設定は1:2の割合になった矢印ですが太らせたり細らせたりできます。
次に「へこみ具合」ですがこれはヤジリの端をくぼませてシャープにする値です。ラインツールはいろいろな方から意味不明ツールとして扱われていますが、矢印をすぐに作り出せたり、細い線、太い線を作ることができる便利なツールでもあります。僕のオススメのラインツールの使い方としては矢印が使える状態にして「へこみ具合」を−50にするとあっと言う間にインディアンが持っているような槍を作る事ができるのでイラストなどでオススメです。

最後はカスタムシェイプツールです。
これは事前に登録されたベクトル画像が保存されているのでそれを選択して画像ウィンドウに長方形や楕円を作るときの要領で作ることのできるとても便利なツールです。
オプションバーに注目するとほとんどの箇所は長方形と楕円形、ラインと変わりませんが、「シェイプ:」と言う項目が現れます。これにはプルダウンを示すマークがありますのでそこをクリックすると膨大な数のシェイプが登録されています。この中には世に出ている広告でも活用されているベクトル画像がいくつもあることに気が付きます。それに複雑で作るとしたら手を焼くようなものも用意されているのでとてもオススメのツールです。仕事でいうと名刺のアイコンや画鋲のアイコンなどあらゆるものが存在します。そして、実を言うとシェイプはカスタムという名前が付いているように自分で作り出す事も可能です。このときはパスツールやそれこそ長方形ツールや楕円形ツールをパスに種類を変更してパスファインダーの合流や削除を使うことで幾何学的なシェイプを作り出すこともできるのでオリジナルのシェイプを作る楽しみもあります。

オリジナルカスタムシェイプを作る方法も特別にお伝えしていこうと思います。
これを長方形ツールや楕円形ツール、ラインツールで作ってみます。今回は私の中でラインツールの革命だと感じるインディアン槍をシェイプに採用してみようと思います。まずは画像ウィンドウに槍を作ります。このときに注意するポイントはラインツールの種類をパスにしておくことです。
こうして槍のパスを作ったらこれを登録しましょう。

編集<カスタムシェイプを定義・・・

これで登録ウィンドウが開かれるので自分が分かりやすい名前にしてEnterを押すと登録されます。
登録したカスタムシェイプを使うときはカスタムシェイプツールを選択して、「シェイプ:」のプルダウンをクリックして一番下に登録されていますので試しに作ってみてください。
自分オリジナル、世界にただひとつのカスタムシェイプを作ってみると面白いと思います。それでは今回はここまでにします。

次回もお楽しみください。

Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です