Photoshop#31 基本知識パネル。

それでは基礎に立ち戻ってかなり基本的な事を解説していきます。今まではざっくりとしたツールの機能や使い方でしたがそれぞれのツールなどは解説した事以外でもかなり便利な機能があります。それを知っているのと知らないとでは表現や作業効率も大きく変わって来ます。
知っていると言った方は読み飛ばしても大丈夫だと思いますが、しっかりとご紹介しますのでよろしくお願いします。

今回はパネルの詳しい使い方です。

そもそもパネルとはどんなものなのかをご紹介します。
ツールバーや各種パネルは、ユーザーの好みに合わせて表示をカスタマイズできます。例えば使用頻度が高いパネル順に連結したり、使用しないパネルは非表示にするなどワークスペースを使いやすい様に変更ができるものなのです。そのため、Photoshopは人それぞれ画面が異なるんです。自分だけのPhotoshopにカスタマイズしていきましょう。

それでは使い方にいきます。
まず、ツールバーはボタンの右下に三角マークが付いているので右クリックすると関連したサブツールが表示されるのでスライドして目的のツールを選択します。

オレンジ色のマークが格納されているツール

これは格納しているツールを呼び出す方法ですね。

以前の記事でも書きましたが復習を兼ねて書かせて頂きます。そしてここで豆知識ですが、実はこの格納されたツールはショートカットによって変更ができます。

例えば「U」を押すと長方形ツールが選択されるのですが、Shiftを押しながら「U」を押すと右クリックしたときに格納されたサブツールが表示されますが長方形ツールが選択されていた場合はその下にある角丸長方形ツールが選択されます。そのため、いちいちツールバーまで行って右クリックする必要はないので覚えて置くととても便利なショートカットなので使ってみてください。

そして、ツールバーを2列にする方法もお伝えします。

これはツールバーの左上にある2つ並んでいるの三角マークをクリックすると2列にする事ができるので自分の使いやすい様に変えてみてください。

そして、パネルは右側に配置されますが、実は切り離して画面ウィンドウとパネル内ならどこにでも配置をすることができます。ここで複数のパネルやパネルグループの集合の事をドックと言います。

ドック例

パネルを切り離すときはそのパネルのタグ部分をドラッグして配置したい所に移動してドロップするとできます。

そして、結合するときはパネルのタグ部分を他のパネルタグにドラッグしてパネルの枠が青くなったらドロップできます。ちなみにですがパネルグループ内のパネルを別のパネルグループに移動する事もできるのでしてみてください。

更に、パネルを切り離して新しいドックを作る事もできます。
これはパネルをドックの左側にドラッグして縦に青いラインが表示されたらドロップするとできます。

こういった事ができるので自分が見やすい場所、使いやすい場所にパネルを配置したり結合したりして自分だけの画面を作り上げてみましょう。
しかし、いろいろと自分なりにいじっているとこれは使いにくくてダメだなぁと思うときがあります。こういったときは初期配置に戻す事ができます。やり方は

ウィンドウ<ワークスペース<初期設定をリセット

これで元に戻す事ができます。
そして、これだけ自由度の高いとこれは最高の配置だなぁと思い。これを残して置きたいと思いますよね。実はワークスペースには自分で配置した情報を保存することができます。やり方は

ウィンドウ<ワークスペース<新規ワークスペース

これで「新規ワークスペース」ダイアログが表示されますので自分の分かりやすい名前に自分のワークスペースに名前をつけて保存しておけば、このメニューバーのウィンドウからでカスタマイズしたワークスペースの名前が表示されるようになるのですぐに呼び出せて便利です。ぜひ試して見てください。今回はこれで以上にします。

次回もお楽しみください。

Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です