Photoshop#28 回答編その1。

ではどうでしたでしょうか?前回の写真加工の回答にいきたいと思います。

まず、大まかなポイントをお伝えします。

  1. フクロウの写真を切り抜く
  2. 背景と合わせる
  3. 背景の色彩を変更する
  4. グラデーションを加える
  5. 効果が必要な箇所にだけ効果を付ける
  6. 色調補正で微調整を加える

この流れでこの画像は作っています。それでは1.からお伝えしていきます。

1.フクロウの写真を切り抜く

これは自動選択の「オブジェクト選択ツール」を使って大まかに選択範囲を作ります。その後、オプションバーにある「選択とマスク」を選択してもこもこした毛並みを境界線ツールで縁取っていきます。

これをすることでより柔らかな選択範囲を作る事ができるので自然な切り抜きをする事ができます。そして、右のパネルの「エッジの検出」がありますのでそこの半径の値を自身で自然だと思えるような数値に変更することでより綺麗な選択範囲を作る事ができます。ここまでしたら、右のパネルを下にスクロールすると「出力設定」がありますその中の「出力先」を「選択範囲」を選んで「OK」を押してください。すると画像ウィンドウに戻り選択範囲が表示されます。

選択範囲からフクロウを位置を変えないまま切り出します。これをするには複製をします。やり方としては

command(Crlt)+J

これで選択されたレイヤーの前面に選択されているフクロウが切り抜かれます。こうすると元のフクロウの写真は必要ないのでレイヤーパネルを注目してもらうとレイヤーの左側に目のマークがありますのでそこをクリックしてください。

すると目のマークが消えてそのレイヤーの画像がなくなります。これは非表示化されてるのでまた目のマークがあったところをクリックすると表示できます。

2.背景と合わせる

それではフクロウを綺麗に切り抜いたら今度は森の写真の上にフクロウを載せます。このときはメニューバーの「ファイル」から「埋め込み配置」がありますのでそこを選ぶとフォルダ画面に行くのでダウンロードした森の画像を選択して「開く」を押してください。

すると画像ウィンドウに森の写真が置かれます。

しかしこれだとただ画像ウィンドウに森の写真が置かれただけになります。サイズをこのフクロウの写真全体を覆うようにしたいので拡大します。拡大するときは「移動ツール」を選択してもらって森の写真を選択すると写真の周りに8箇所の四角が出ています。

これはバウンディングボックスと呼ばれるオブジェクトや写真を拡大縮小できるモノになります。この四角のどこかをドラッグしてもらうと写真が大きくなったり小さくなります。この時、縦に伸びたり、横に潰れたりした場合はShiftをおしながらドラッグすると比率を保ったままサイズを変更できるので綺麗に拡大縮小できます。更にoption(Alt)を押しながらすると写真が配置されているところを中心として拡大縮小できるのでより効率的にできて便利です。

こうして画面いっぱいに森の写真を拡大したら今度はレイヤーパネルに注目してください。レイヤーパネルに森の写真が一番上に配置されている場合はこれを一番下に配置する必要があります。
これをするには森の写真のレイヤーを選択してドラッグしてレイヤーの下まで移動させます。そこで青いラインが出ます。そうしたらドロップすると写真は一番下に配置された事になりフクロウの写真が上になります。

ここまで来たら写真を馴染ませます。なにも加工しないとなんだか背景が明るすぎてフクロウのイメージにマッチしません。そこで背景に色調補正を使います。これも過去の記事で色調補正パネルが有りましたのでそれを活用してみましょう。ここにはアイコンになっていますが、カーソルをアイコンの上に置くとそのアイコンは何かを説明してくれるテキストが表示されるのでそれを見てどこに「色相・彩度」があるのかを確認しましょう。「色相・彩度」を選択したらこのような属性パネルに設定が表示されます。

これを指定する場合はまずは森の写真の上にこの「色相・彩度」がある必要があります。次に属性パネルに注目して「色彩の統一」というところにチェックボックスがあるのでこれにチェックを入れます。すると、写真が全体的に色合いが変わります。この状態で属性パネルの「色相」、「彩度」、「明度」の数値を変更します。今回の場合だと

色相:292
彩度:25
明度:-73

としています。

こうすると赤黒い感じの色合いにできます。
しかし、これだけでは背景が赤暗い感じになっただけです。ここで味付けととしてグラデーションツールを使うとこで雰囲気を出します。

しかし、これ以上は情報が多すぎるので回答編は分けてお送りします。

次回もお楽しみください。

Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です