色補正ツール

Photoshop#17ツール用語つづき。色関係のツール。

では今回は色に関するツールを見ていきましょう。
・グラデーションツール
・塗りつぶしツール
・3Dマテリアルドロップツール

まずは「グラデーションツール」です。これはよくいろいろなデザインで使われているツールです。使ってみるとかなり細かく設定する事ができます。

例として作った画像ですが、やり方によってはこれもグラデーションツールで作ることができます。これを説明は今後詳しく解説していきます。

次が「塗りつぶしツール」です。
これもよく使われるツールの一つですね。クリックすればそこが一気に塗りつぶされるとよく思われますがもっと複雑な塗りつぶしができたりします。

この塗りつぶしツールは特にイラストで役立ちます。そして、赤なら赤だけ青なら青だけの単色塗しかできないツールかと思わるかもしれませんが実はそれ以外の複雑な塗もできたりします。このツールもシンプルながら奥が深いツールです。

最後にですが「3Dマテリアルドロップツール」。これは正直触れてはいけません。3D関係のツールは処理がとても重いのでパソコンがダウンする恐れがあります。そして、勝手にワークスペースを変更されてしまって混乱します。しかし、どんなものかはお伝えします。

このツールはこういった3Dモデルがあった場合に面を塗りつぶすツールになります。何度も言いますがこれはかなりスペックの高いパソコンでしてください。
もし、このツールを起動してしまったら最初にすることはワークスペースを元に戻しましょう。ここではシンプルな解決策のみを提示します。

<ワークスペースの初期化>
ウィンドウ<ワークスペース<初期設定
※これで勝手に3Dモードになったツールバーやパネルを元に戻すことができます。
<画像ウィンドウの戻し方>
「移動ツール」「3Dマテリアルドロップツール」「3Dマテリアルスポイトツール」以外のツールを選択してください。

これは初心者には強制終了以外の術がないくらいに悩みこんでしまう問題なのでこの解決策はぜひ試してみてください。


次に解説するのは画像をぼかしたりシャープにするツールです。

・ぼかしツール
・シャープツール
・指先ツール

最初は「ぼかしツール」からいきましょう。
ぼかしツールはドラッグした部分をぼかすツールになります。

分かりづらいですが。人形の右半分が何となくぼけています。仕事ではここをぼかしたいといったところに使ってみるといいかもしれません。

次は「シャープツール」です。
これもぼかしツールと同じでドラッグしたところを鮮明にするツールになります。

クッキリしますがやりすぎると粒子感が出てしまうのでやりすぎに注意しましょう。

次は「指先ツール」です。
これはドラッグした部分の色を混ぜ合わせるツールになります。

元は人形でしたが「指先ツール」を使って混ぜ合わせるとこんな感じにすることができます。合成の時のなじませに使えたりするかもしれません。

次は写真の加工でよく使われる効果のツールです。それが色補正のツールです。

・覆い焼きツール
・焼き込みツール
・スポンジツール

普通では馴染のない言葉ですよね。まずは「覆い焼きツール」です。
これは写真の特定の部分を明るくするツールになります。

極端な例を出すとこんな感じですね。もっと細かい設定もできます。今はざっくりとこういうツールだとわかってもらえれば大丈夫です。

次は「焼き込みツール」です。
これは「覆い焼きツール」と逆で写真を部分的に暗くすることができます。

暗くすることで元の写真よりも存在感がぐっとあがります。使い方としてはブラシツールと同じで必要な所に塗り重ねる形です。

そして最後は「スポンジツール」
これはスポンジは水を吸い込んだり、足したりするイメージがありますが、このツールの場合は鮮やかさを写真から抜き取ったり足したりするツールになります。

変わった写真を作るときや面白いものを作るときにつかえるかもしれませんね。このように色の調整ツールもこれだけあります。それに細かな設定をすればもっと繊細な変化を加えて今まで見た事のない作品を作ることができるでしょう。

それでは今回はここまで、今回は
・色に関するツール
・ぼかしたり繊細にしたりするツール
・色補正するツール

この3テーマをご紹介しました。今後ひとつひとつのツールに対しての詳しい使い方などを投稿しようと思います。

次回もお楽しみください

Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です