カスタムシェイプ

Photoshop#8飾りつけしよう。つづき。

前回はパターンの作り方と適用方法をお伝えしました。それではこのチラシの中でもう一つワンポイントとして使っている飾りつけがあります。それは

リボン

デザインに置いてリボンを配置するとそれだけでなんだか大切な事が書いてあるんだろうなと読み手を意識させる効果があります。
このリボン自作したのかな?と思うかもしれませんが実はPhotoshopの初期設定で登録されているのを流用して使っています。

このリボンはどこにあるかというと

シェイプツール内にある「カスタムシェイプツール

ここにあります。
ツールバーは一見たくさんありますが、これで全てかと思いますが実は似たようなツールはカテゴリー分けされてそれぞれのツールアイコンに格納されています。
どうすればツールバーに格納されている隠されたツールを表示できるかというと、ツールバーをよく見ると右下に小さな矢印があることが分かります。そのツールにマウスを持って行き右クリックをして下さい。すると格納されているツールバーが表示されます。

今まで使ってきた長方形ツールのアイコンにはこれだけのツールが隠されているんです。この中で本日のメインテーマのリボンはこの格納されたつ機能の内、

カスタムシェイプ

これがリボンが初期設定ではいっています。実際にクリックをしてみてみましょう。
クリックをするとオプションバーが変わるのでそこにアイコンを変更するところが表示されますのでそこからえらびます。一応カテゴリーごとに分かれてはいますがかなりの種類があります。この中からいいなぁというのを探すのは大変ですが頑張ってください。
ちなみにカスタムシェイプは普通の画像データ出ないので拡大縮小しても画像の劣化を起こさないのでそれも優れているポイントです。

ここから選んだら、あとは長方形ツールで長方形を作る要領で作ることができます。そして、カスタムシェイプも自分で作ることが出来ます。それも今後お伝えしていこうと思います。

ではこのデザインに関しては以上になります。一つの簡単なチラシを作るにしてもいくつものツールを複合して使うことによって個性的で面白いデザインを作り上げる事が出来ます。深めていけばIllustratorと組み合わせてもっと面白いデザインをすることもできたりします。PhotoshopとIllustratorを二つともマスターするのはとても奥が深いため大変かとおもいます。しかし、そこに大きな楽しさがあります。まず最初はあこがれのあのデザインを作って見たいという軽い気持ちで始めるのがいいかもしれません。実際に作って見るとこの表現ってどうやって作るんだろう?カッコイイデザインかわいいデザインには共通点があるからここを抑えておけばいい感じにまとまるかな?といろいろと発見や面白味があります。この記事があなたの毎日を楽しくする手助けになったり仕事でPhotoshopのこの機能どうやって使うか分からないといったときに読んでいただけたらうれしいです。それではこのデザインは今回で終わりです。次は別の事をお伝えしようと思います。

次回もお楽しみください。

Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です