自作アイコン

Photoshop#2フォトショップを購入

こんにちは、前回はPhotoshopが使えるパソコンを紹介しました。パソコンを用意出来たらいよいよPhotoshopを使って行きましょうといいたところですが、それにはPhotoshopを買う必要があります。

Photoshopを買うには方法があります。それは

1.家電量販店で買う
2.ネットショップで買う
3.Adobe公式サイトで買う

この3つが思い浮かびます。


1.ですがこれは詳しい人に直接相談できるのでそこは安心して購入できると思います。それに家電量販店ではポイントカードと言うものもあります。Photoshopは安価なソフトとはあまり言えないので購入の際にはとても大きなポイントを付ける事が出来てそのポイントを使って欲しかったゲームやオーディオなどを買うことが出来るのでこの購入の仕方もいいかもしれません。


2.ですがこれはその場に行くのはどうしても移動に時間がかかってしまいますのでネットショップで買うのもいいですね。ネットショップも家電量販店と同じでポイントが付いたりしますし、何より他の欲しかった商品と一緒に購入することもできますから便利ですよね。それにネットだと年に何度か「Adobeソフト〇〇%OFF」という広告を見かけるので買い時もリアルタイムで分かるのでいいです。だいたいいろいろなサイトでAdobeの広告は見かけます。私の場合だとYouTubeで見かけるのでここで広告があったら買い時かと思います。


3.Photoshopの開発販売会社でAdobeと言う会社があります。そこでの公式サイトから購入するといろいろなプランで買う事が出来ます。基本的には1年間契約のプランがあります。実際にAdobeサイトを見るとPhotoshopにはプランが二つあるのに気が付きます。

それは

フォトプラン
フォトショップ単体プラン

この二つのプランは値段も違います。2010年4月現在では
フォトプランが月額980円(税抜)
Photoshop単体プラン月額2,480円(税別)

この違いは何からくるかというとクラウドに保存できる容量が圧倒的に違うからです。クラウドに保存できる量が多いとパソコンの記憶容量が少なくても多くの情報を保存することが出来るのでどこでも高度な処理をクラウドに記憶させて仕事や趣味に活用する事が出来ます。

過去にPhotoshopCSと呼ばれるパッケージ版が販売されていました。これをインストールするとインストールしたパソコンではPhotoshopを使えますが、出張先や別会社に出向した際に高度な処理を使うことが出来ませんでした。しかし、このクラウドを活用するとどこでも自分が積み上げてきたPhotoshop効果をどのパソコンでも自分のアカウントで活用できます。

そして、Photoshopに記憶させる処理は複雑かつ容量が大きい複雑な処理が多いのでフォトプランではどうしてもがっつり使っている場合は保存しきれないのでビジネスで使われる方はPhotoshop単体プランがオススメです。

しかし、フォトプランはクラウドに保存できる容量が少ないという理由から個人使用向いています。個人でパソコンを何台も保有している人は少ないですからね。フォトプランはパソコンを一台だけ持っていて、家や一台のノートパソコンのみで使う場合にはオススメのプランです。

ここで一つの考え方があります。
Photoshop単体プランはクラウド上に1TB保存できます。
そのため、会社の全員でアカウントを共有してそのクラウドを通して社員一人一人がオリジナルの処理を記憶させていてけば今までは個人個人のパソコンに保存されていてそのパソコンの使用者じゃないとわからなかった処理を誰もが使うことが出来るようになるので誰でもその製作者から使い方を伺えばその人と同じデザインや処理が出来て仕事の効率を上げる事ができます。
お値段はしますが、必ず会社の仕事の効率を上げる事ができと思われるのでどうでしょうか。

もし不安だなぁと思われるのでしたらトライアルで1週間Photoshopを使うことが出来ますのでそちらを試してみるのはありかと思います。

では、Photoshopの購入方法やプランの違いに関しては以上になります。

次回もお楽しみください。


Author: hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です